赤ちゃんが泣いている

魔の◯◯と呼ばれる赤ちゃん 3の倍数の週例・月齢に注意?!

魔の3週目…そんな言葉を聞いたことがあるでしょうか?きっと初めて聞いたというママもいますよね。魔の2歳児なら聞いたことあるけど、魔の3週目ってなに?魔の3週目ってことは3週目にも何かあるの?とママは不安になってしまいますね。では魔の3週目とは一体どういったものなのでしょうか。今回は赤ちゃんの成長に伴い、魔の◯◯と言われるような突如やってくる赤ちゃんのお世話が大変になる時期についてご紹介していきたいと思います。

魔の3週目とは

赤ちゃんが泣いている

赤ちゃんが生まれ約1週間の入院を終えると、自分の自宅に戻っての生活が始まります。産後の身体が癒える間もなく、3時間おきの授乳や、頻繁なおむつ替え、沐浴など、赤ちゃんのお世話に追われる日々。そんな生活にも少し慣れてきたなと思うころに突如やってくる魔の3週目…。生まれたばかりの赤ちゃんって、ひたすら寝ているイメージですよね?実際そうなんですが、ちょうど生後3週目ごろに入ると、そんな赤ちゃんが急に寝なくなってしまうことがあるんです。赤ちゃんが起きている時間が徐々に長くなってくる時期にはなるのですが、その起きている間、ひたすら愚図って、泣いて…。おっぱいでもないし、おつむが気持ち悪いわけでもない、寒い暑いでもなさそう…。何をしても落ち着かずママはお手上げ状態に…。おっぱいやミルクを飲んで寝て、おむつを替えて寝ての繰り返しだったそんな赤ちゃんが、なぜこのような状態に赤ちゃんは突如豹変してしまうのでしょうか。はっきりとした理由は定かにはなっていないのですが、赤ちゃんは生後3週目にして、ようやくママのお腹の中ではないということに気がつく、というのが大きいようです。そのため赤ちゃんが不安を感じ始め、魔の3週目というようなグズグズ状態になってしまうということです。

魔の◯◯と呼ばれる赤ちゃん

叩かれて泣いている赤ちゃん

上記でご紹介した魔の3週目ですが、実は生まれて3週目だけではなく、生後6週目であったり、生後3ヶ月、生後6ヶ月、生後9ヶ月というような、3の倍数の週齢や月齢になると同じようなことが起こる傾向があるんです。この時期は理由もなく泣き続けたり愚図りだしたり、また夜泣きに悩まされたりと、赤ちゃんにとても手がかかると言われています。理由としては、3の倍数の時期に赤ちゃんの成長が大きいためということが挙げられています。

魔の3週目については上記でご紹介しましたが、生後6週目、生後3ヶ月、生後6ヶ月、生後9ヶ月の中でも1番よく聞くのが、生後6ヶ月頃から急に夜泣きに悩まされるということです。それまでは夜はよく寝てくれる子だったのに、急に夜泣きが始まって、原因も対策もわからないまま夜中に泣き続ける赤ちゃんのお世話で、ママの疲労もピークに…そんなママの悩みをよく聞きます。生後6ヶ月頃の赤ちゃんは、一度にしっかりおっぱいやミルクを飲めるようになり、昼と夜というリズムが出来てくるので、夜にまとめてしっかり寝る、という習慣が出来てくる頃なのですが、それなのになぜ夜泣きが突然始まるのでしょうか?

生後6ヶ月というと、腰が座ってきたりお座りができるようになる頃ですね。そして徐々に自我が芽生え始め人見知りをするようになったり、また離乳食が始まったり、歯が生え始める子もいます。この時期の赤ちゃんは沢山の成長の変化がみられることもあり、ひとつひとつの変化が赤ちゃんにとっては夜泣きや愚図りの原因となることがあるんです。たとえば歯が生えるときには痛い痒いなどといったは愚図りは有名ですね。また人見知りの子は日中に知らない人との接触で泣いたということが、夜泣きへと響くこともあるようです。

夜泣きの対応策

女の子が泣いている

夜泣きと一概に言っても、大声で泣き叫ぶ子や、泣いたと思ったらすぐに泣き止む子、長時間泣き続ける子、毎日同じような時間になると泣き出す子など、そして夜泣きの終わり方も、徐々に夜泣きがおさまっていく子もいれば、突然夜泣きがなくなる子など、赤ちゃんによって様々な特徴があります。もちろん夜泣きをしないで大きくなっていく子もいます。このように赤ちゃんによって夜泣きのスタイルが様々なので、もちろん対応策も赤ちゃんによって違ってきますよね。おくるみなどで包む、おっぱいをあげる、おむつをかける、添い寝する、背中をトントンする、抱きしめる、音楽やオルゴールをかける、抱っこしてユラユラする、別の部屋に行く、部屋を明るくする、抱っこ紐などを使用して抱っこする、外に出る、ベビーカーに乗せる、車に乗せる、などなど、本当にたくさんの方法があります。赤ちゃんに効果的な方法が何かあるはずなので、ママは大変ですが色々試してみて我が子に最適な対応策を見つけましょう。

実際、筆者の息子は生後6ヶ月から急に夜泣きが始まり、何をしてもおさまらず疲労困憊の日々が4ヶ月続き…生後10ヶ月になったのを気に断乳をしたんです。そうしたら驚くことにぱったり夜泣きがなくなりました。断乳することで夜泣きがなくなるとは想像もしてなかったので、本当に赤ちゃんによって対応策は様々なんだなと実感した瞬間でした。他の赤ちゃんがぱったり夜泣きしなくなった方法を我が子にやってみても成功するとは限りません。なので我が子にあった対応策を見つけることが第一ですね。

まとめ

ママが赤ちゃんを抱き上げいている

生後6ヶ月頃の赤ちゃんは、夜によく寝る子がみられるようになる反面、赤ちゃんのたくさんの成長の変化により、夜泣きをするようになる子も多くみられ、そして赤ちゃんにとってはささいな変化や影響でも、夜泣きや愚図りの要因となるということがわかりましたね。赤ちゃんが大きく成長する3の倍数の週例や月齢に、魔の◯◯といわれるような愚図りや夜泣きが突然やってくるというのも納得です。しかしこれは赤ちゃんが成長している証拠でもあります。愚図りや夜泣きに付き合うママは本当にしんどいですが、可愛い我が子の成長です。ママの疲れやイライラが赤ちゃんを不安にさせ、さらに愚図りや夜泣きを悪化させることにも繋がります。パパと交代で夜中を乗り切るなどの工夫をし、パパもママも疲れやイライラをためないようにしたいですね。こんなにママを必要として泣くのも数年と考えれば大きな心で接することができるかもしれませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。