赤ちゃんが果物を食べている

6ヶ月の赤ちゃんの離乳食の始め方と進め方

赤ちゃんが生まれてもう6ヶ月。そろそろ離乳食を始めなくちゃと考えているママさんもいらっしゃいますよね。一般的には、離乳食は5、6ヶ月ごろから、赤ちゃんが食べ物に興味を示したときが初め時と言われています。そこで今回は、生後6ヶ月ごろの赤ちゃんの離乳食の初め時と進め方についてお話したいと思います。

離乳食初期

赤ちゃんがご飯を食べている

生後5、6ヶ月頃は、いわゆる離乳食初期(モグモグ期)と言われています。大人が食事をしている時によだれをたら~と垂らしていたら離乳食を始めるチャンスです。赤ちゃんの小さなサインを見逃さず、離乳食を始めていきましょう。5、6ヶ月ごろが、離乳食初期とされているのは、赤ちゃんの腰が座り始めたり、赤ちゃんの胃腸などが整い始める時期でもあるためです。この時期は、離乳食を始めてもおっぱいやミルクは引き続き主体で考えて大丈夫です。赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。

離乳食の始め方

赤ちゃんがご飯を食べている

離乳食を始めるときは、朝、母乳やミルクをあげた後、午前中の早めの時間帯に始めましょう。理由は、もしアレルギー反応が出た場合、病院に駆けつけやすい時間帯だからです。離乳食が進んでも初めてあげる食材の場合には、同様に午前中にあげるようにしましょう。離乳食の初めは、まずおかゆをスプーンにひとさじから始めます。たいていの赤ちゃんは、母乳やミルク以外のものが口に入ってくることで、違和感を感じて舌をべーっと出してしまうでしょう。それは、当たり前の反応なのであまり焦らないでください。

我が子の場合、離乳食を始めたのが7ヶ月ごろでした。特に一人目は、腰に座りが遅かったこともあり、まだ離乳食は始められないかと後伸ばしにしていました。完全に腰が座っていなくても、椅子の背もたれやバンドである程度支えられれば、離乳食を始めることはできます。バンボなどもうまく利用すると良いですね。うちの子は、スタートが遅かったこともあり割とすんなり離乳食が進んだ気がします。ホウレン草やあくの強い食材の場合には、口から出してしまうこともありましたが、おかゆに混ぜたりすれば食べてくれることも多かったので、それほど離乳食は難しくありませんでした。

離乳食の進め方

1日目はスプーン1さじ、2日目は2さじと少しずつ量を増やしていきます。主食は必ずあげて、まずは同じ食材を数日試していきます。おかゆになれたら、次は野菜です。食べやすいのはジャガイモや人参など甘みがある食材ですね。ジャガイモや人参は柔らかく煮て、すり鉢やスプーンなどで潰して、できるだけ消化しやすい状態にすると赤ちゃんの胃に負担がかかりません。離乳食を作る作業は、結構面倒と思われがちですが、まとめて食材を茹でておき、小さくして冷凍して、必要な時に温め治せばそれほど大変ではありませんでした。

離乳食作りに便利なグッズ

赤ちゃんがご飯を食べている

育児本やインターネットにも数多くの情報が載せられていますが、離乳食を作る際に便利なグッズがたくさんあります。中でも、私が実際に使用したおすすめのグッズをご紹介しましょう。

①おかゆセット

大人が食べるご飯の炊飯器に、おかゆセットにお米と規定の水を入れて普通に炊きます。炊き上がると、大人のご飯はもちろん、赤ちゃん用のおかゆもできあがるという優れものです。難点は、ご飯が炊けた後に、そのおかゆセットを取り出すと、周りにべったりご飯がついてしまうのでそれを取るのが少々大変なことでした。でも、わざわざおかゆだけをガスで作る必要がないので、大人のご飯と一緒に炊くだけで便利でしたね。子供がいる友人がお祝いにくれたもので、目からうろこでとても役立ちました。

②製氷機

製氷機は離乳食つくりの王道ですね。だしを多めに作っておき、製氷機に入れます。赤ちゃん用に野菜などを茹でる際に、製氷機に入れただしを一つ二つ入れて煮れば、手軽に食材を煮ることができます。市販の出汁も売られていますが、できれば初めは手作りしたいですよね。時間がない方は、だしパックが売られているのでうまく利用しましょう。ただし、だしパックにはかつおだしなど魚の出汁もあるので、初めのうちは昆布だしなど魚以外のものをおすすめします。我が家では、今でもだしパックを利用してお味噌汁を作っています。

③いぼいぼがついているスプーン

おかゆや食材をすりつぶすのに、スプーンの裏にいぼいぼがついているものがあります。お皿に食材を入れてスプーンで潰すのに便利です。上記以外でもいろいろと便利グッズは売られていますが、離乳食の初期や中期を過ぎれば、必要なくなるものもあるので、見極めて買うことをお勧めします。究極なくても何とかはなります。

食物アレルギーついて

赤ちゃんが果物を食べている

赤ちゃんの離乳食を始めるにあたり、アレルギーについても心配になりますよね。今までは母乳やミルクなどでアレルギー反応はなかったと思いますが、離乳食を始めると実は〇〇アレルギーだったなど気がつくこともあります。

アレルギーではありませんが、離乳食の時期により赤ちゃんにあげていい食材とよくない食材があります。その中でもハチミツは、1歳未満の赤ちゃんにあげてはいけません。理由は、ハチミツには土壌にあるボツリヌス菌という菌が含まれており、1歳未満の赤ちゃんではまだ抗体ができておらず、場合によっては死に至るケースもあるので要注意です。アレルギーというと、小麦や卵が多く聞かれます。卵については、数年前までは、離乳食中期から取り入れるように推奨されていましたが、2015年に厚生労働省より、卵は離乳食初期から取り入れたほうが、結果アレルギーの予防につながるという見解が発表されました。

それにより、アレルギーが減っているかどうかはわかりませんが、厚生労働省の発表に困惑している保護者の声もあるようです。いろいろと考え方があるので、どれが正しいのか判断に迷いますが、まずは我が子の状況を見ながら、少しずつ何事も始めていくのがいいと思います。ちなみに、我が子の場合特に食物アレルギーはなかったので心配はありませんでした。アレルギーがわかると、芯のものや外食することも難しくなるので、本当に大変だと思います。時々、アレルギー食材を食べてしまい、アナフィラキシー症状で救急車で運ばれたというニュースを聞くことがありますよね。

まとめ

赤ちゃんがご飯を食べている

6ヶ月の赤ちゃんの離乳食の始め方や進め方についてのお話でした。離乳食が始まると、いずれ母乳やミルクはなくなるので一段落のような、ちょっと寂しいような、大変なようないろいろと感情が入り混じります。知らないことも多いので、いろいろと勉強しながらですが、1ヶ月もすれば離乳食のあげ方にも慣れてくるので、心配することはありませんよ。赤ちゃんとの離乳食の時間を楽しんでください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。